平成29年度 秀和総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 43 73 112 345 509 1219 1964 904 161
この項目は、当院の入院患者さんの年齢分布を示しています。集計方法は入院時年齢を10歳刻みの階級に分けています。なお、同じ患者さんが複数回入院した場合は、複数回集計しています。(例:年3回入院している場合は3となります。)
退院患者さんの分布は例年通り、高齢になるに連れて多くなり、80代より減少する傾向にあります。
また、60歳以上の患者さんの占める割合が全体の80%を占め、当院は高齢者の方の入院が多いといえます。
前年度と比較すると、年齢別の分布・患者数共にあまり変化していません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 94 2.77 3.35 0.00 67.06
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 15.49 12.23 0.00 63.68
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 20.43 20.83 35.71 84.18
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント又は外シャント設置術等 手術・処置等2なし 25 13.72 12.41 4.00 68.60
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 24.67 17.71 9.52 75.81
腎臓内科の症例数で多いのは、透析時に穿刺されるシャント(人工血管)の詰まりなどを治療する事です。予定入院で「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を施術した場合、平成29年度までは短期滞在手術基本料3という、入院料が設定されていましたが、平成30年度の診療報酬改定に伴い、当院を含むDPC病院は、短期滞在手術基本料3による算定が出来なくなりました。昨年度と入院料の算定方法が違いますので注意が必要です。また、当院の腎臓内科は慢性腎不全の施術・治療を中心に治療しており、慢性腎不全に対しての透析治療及び透析に至らないよう,外来では透析予防のための診療も行っています。 
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 25.45 13.04 12.90 72.77
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 25 20.08 15.23 0.00 68.08
060295xx99x0xx 慢性C型肝炎 手術なし 手術・処置等2なし 19 18.37 11.43 0.00 73.74
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
060300xx99x01x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - - - -
消化器内科の症例では、当科に肝臓専門の内科医が増員された影響もあり、肝臓の疾患が上位を占めました。
 肝臓疾患に対して当科では、ウィルス性肝炎に対する抗ウィルス治療やC型肝炎に対する瀉血療法なども取り組んでおり、さらに薬物療法だけでなく、栄養治療にも積極的に取り組んでおります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 85 4.24 4.62 1.18 66.47
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 3.04 3.03 0.00 67.62
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 23.00 17.71 3.57 80.11
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 2.96 3.19 0.00 72.96
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 14.48 12.72 0.00 66.48
循環器内科の症例では「狭心症・慢性虚血性心疾患に対する心臓カテーテル検査」と「冠動脈形成術等」が多く。心臓カテーテル検査によって、狭心症や心筋梗塞などの診断・治療を行っています。心臓カテーテル検査で狭心症等の原因となる血管の詰まりなどが見つかった場合は、冠動脈形成術等を行い,検査からひき続き治療に移行するケースもあります。
 また、当院に於ける心臓カテーテル検査の入院は2泊3日、冠動脈形成術等の場合は3泊4日となっております。
 3位の心不全は他の症例に比べて、平均年齢が高く患者さんの高齢化によって増加していくと考えられます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 54 3.04 3.59 1.85 73.80
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 21 20.48 19.65 9.52 75.90
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 17 20.47 11.99 0.00 71.12
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-5あり 11 20.36 18.99 0.00 64.64
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 14.70 20.83 20.00 77.60
呼吸器内科は肺腫瘍に対する検査が最も多くなっています。肺腫瘍検査は、胸部レントゲンの検査等で異常が見つかった場合などに気管支鏡検査よって肺癌などの確定診断を行います。なお当院では、肺癌の化学療法を積極的に行っており、3位と4位の症例が肺癌の化学療法治療を示しています。
 2番目に当科で多い、間質性肺炎の原因・治療方法は様々ですが、特に喫煙歴のある患者さん,肺気腫など他に肺の疾患がある患者さんの場合は定期的な検査が必要となってきます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 61 7.54 7.31 0.00 72.97
11012xxx020x0xq 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 20 4.20 5.75 0.00 56.65
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 20 14.05 12.34 0.00 75.50
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 15 11.20 9.73 0.00 73.47
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 副傷病なし 13 11.85 14.59 0.00 61.00
最近我が国において急増している前立腺がんは当院でも増えており、診断確定に欠かすことのできない前立腺針生検を目的として入院される患者が多いです。治療は外来通院でホルモン治療を受けている患者が多くなっています。入院の上位は膀胱腫瘍(膀胱癌)に対する手術や上部尿路疾患(主に尿路結石)に対する手術が多くなっています。この症例2つの特徴は経尿道的治療であり、患者さんの身体的負担(侵襲)が比較的少ない治療方法を多く行っており、在院日数も短く普段の生活に影響が少なく治療できます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 64 4.70 7.40 0.00 62.58
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 8.34 8.98 5.66 69.55
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 9.10 10.61 4.00 70.88
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 41 9.56 8.73 0.00 72.37
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 32 8.09 7.37 0.00 69.03
外科スタッフは、消化器外科、肝胆膵外科、血管外科の専門医から構成されており、数字には現れにくいですが、胃がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、乳がんなどの悪性腫瘍の手術例が増えています。
 なお合理的かつ正確な癌手術を施行するために、術中に迅速病理組織診断を行うための癌の病理診断のスペシャリストである病理専門医が常駐しています。
 症例として多いのは胆嚢炎、イレウス、胆石症などの良性疾患です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 120 19.50 27.09 35.00 81.17
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 36 6.06 5.21 0.00 53.92
070343xx01x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2-1あり 28 20.00 26.42 0.00 68.88
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 24 24.75 25.09 0.00 68.88
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) その他の手術あり 21 15.76 19.09 14.29 79.19
整形外科の症例数1位は股関節大腿近位骨折に対する人工骨頭を挿入する手術となっています。そのうち大腿骨頸部骨折が特に高齢者では最も多く平均年齢は比較的高い傾向にあります。手術後転院する割合も35%であり、他の病院とも連携しながら地域でこの症例を治療していると言えます。2位は前腕骨折で1位と比べ平均在院日数が格段に短く、平均年齢も若くなっています。当科においては,殆どが緊急入院の患者さんであり、救急医療にも貢献しています。また近年脊椎の治療が多くなっているのも、当科の特徴と言えます。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 20.90 19.10 60.42 67.52
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 19.17 16.38 76.19 69.98
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 9.08 9.68 7.69 78.23
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 15 3.00 3.14 0.00 62.27
010040x101x1xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 脳血管内手術+脳動静脈奇形摘出術等 手術・処置等2あり 12 38.00 39.72 83.33 66.67
脳神経外科は脳梗塞に対する治療を中心に行っていますが、今年度は脳梗塞のDPCコードが細分化されたことによって、患者数が分散され、昨年と比較して少なくなったように見えます。それでも、脳梗塞のエダラボン(脳を保護する薬)による治療は多く、脳梗塞治療の中心となっています。
 また、当科の患者さんの多くが地域の回復期、維持期病院へ転院しており、急性期を扱う当院と連携して診療の実を挙げているといえます。これら脳疾患の患者は救急車での来院はが多く、結果として地域の救急医療にも貢献しているといえます。
内分泌・糖尿病科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病あり 85歳未満 22 13.73 15.87 0.00 63.18
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 85歳未満 18 12.28 11.90 0.00 64.22
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 15 10.40 14.27 0.00 70.07
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 16.00 13.57 0.00 62.62
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 13 9.31 11.16 0.00 62.77
内分泌糖尿病科は糖尿病の治療を重点的に行っております。
当科では、糖尿病の検査入院、教育入院なども受け入れており、それに伴う栄養指導なども行っています。
 また、他の診療科の病気で入院しており、糖尿病を基礎疾患として持っている症例も多く、他科の医師との連携による併診(他の診療科に入院中の患者さんの治療を行う事)も積極的に行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 58 5 14 20 12 23 1 7
大腸癌 10 15 23 17 33 14 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - 33 - 16 1 7
肝癌 - - - - - 31 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌を初発と再発に分け、初発をUICC病期分類を使ってステージ別に集計しています。

UICC病期分類とは
 国際対がん連合(UICC)によって定められた分類方法 
  1 原発巣の大きさと進展度
  2 所属リンパ節への転移状況
  3 遠隔転移の有無
 上記1,2,3の3つの要素によって分類するものです。

当院では、5大がんと呼ばれる、胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝臓癌における,今年度の初発の患者さんの割合は約77%となっており、昨年度の約70%と比較して、更に初発のがんに対する治療をおこなっていると言えます。
また、前年と比較すると再発の割合が減少しており、初発の割合が増加したのは再発の減少が原因と考えられます。
臓器別に見ると、胃癌、大腸癌においてはⅠ期の比較的早期の患者さんの割合が高くなっており、いわゆる内視鏡手術の症例が増えています。胃癌、大腸癌の早期発見のための内視鏡検査に力を入れておりますが、進行がんに対しては、鏡視下手術、開腹手術、さらには抗癌剤での治療など患者さんの病状にあわせた幅広い治療を選択しております。当院で増加している肝癌は再発することが多い病気ですが、再発例に対しても、再切除、TAE、TACEなどで予後の改善を計っております。肺癌は遠隔転移があるステージⅣ症例が多く、健康診断を積極的に受け早期発見し、早期に治療することが望まれます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 52 17.12 77.42
重症 10 28.20 83.90
超重症 11 18.82 76.73
不明 0 0 0
成人の市中肺炎の患者さんをA-DROPスコアを用いて重症度別に集計したものです。
1)市中肺炎とは
 通常の日常生活を送っている中で罹患(りかん)した肺炎です。

2)A-DROPスコアとは
 以下の5つのチェック項目を頭文字をとった肺炎の重症度です。
 1項目の評価1点つき、5点満点で重症度を評価します。

 ①項目 
   Age(年齢)       :男性70歳以上、女性75歳以上
   Dehydration(脱水状態):BUN21mg/dlまたは脱水あり
   Respiration(呼吸) :酸素飽和度90%以下
   Orientation(見当識) :意識障害あり
   Pressuer(血圧) :収縮期血圧90mmHg以下

 ②重症度
   軽 症:0点
   中等症:1点・2点
   重 症:3点 
   超重症:4点・5点

最も多く患者さんがいるのが中等症ですが、重症な患者さんも多数存在しています。
また、高齢になると重症度も高くなる傾向があります。今後も高齢者の増加に伴い、重症な肺炎患者の増加が予想されます。
前年と比較すると重症と超重傷の患者数が増加しています。重症度別の平均年齢を比較すると、重症が最も高い年齢となり、それに伴って在院日数も長くなっていることがわかります。今年度のデータも加齢による重症かと在院日数の長期化は大きく関連しているといえます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 132 40.08 75.00 57.86
その他 - - - -
ICD-10(国際疾病分類)で脳梗塞などに分類される患者さんをICD-10コード別に集計しています。

ICD-10(国際疾病分類)とは
 異なる国や地域から、異なる時点で集計された死亡や疾病のデータを体 
 系的に記録し、分析、解釈および比較を行うために世界保健機関憲章に
 基づき世界保健機構(WHO)が作成した疾病分類です。

今年度は全ての患者が脳梗塞(I63$)に分類されました。また。その中でも3日以内に発症した急性期脳梗塞が9割以上を占め、急性期の脳梗塞に対する治療を多くして事が顕著になりました。脳梗塞は例年通り半数が、急性期の治療の後他院に転院して継続的なリハビリを行っており、地域の医療機関全体で脳梗塞の患者さんの治療を行っているという結果になりました。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 271 0.44 1.59 0.37 66.28
K610-3 内シャント設置術 60 6.43 11.02 1.67 66.95
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 14 4.43 4.07 7.14 62.64
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -
腎臓内科で最も多く実施されている手術は、人工透析用のシャント(人工血管)の狭窄等に対する、経皮的シャント拡張術・血栓除去術となっています。この手術は症例数でも1位となった『手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等』に付随する手術であるため、症例数と共に手術の実施数も多くなる傾向にあります。
 また、2番目に多く実施されている手術、内シャント造設術は人工透析を導入のためにシャントを造る手術です。
当院の腎臓内科は透析治療に対しての手術を多数行っております。
手術の実施上位の構成は例年と同じような結果となりました。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 105 0 0 0 70.72
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
消化器内科は内視鏡下における手術が中心となっています。内視鏡治療はポリープ切除粘膜切除を中心に、静脈瘤の結紮術などが上位をしめています。
 また、当科に肝臓専門の医師がおり、 症例数においても肝臓疾患が上位を占めており、それを反映するように、腹水濾過濃縮再静注法の実施件数も増加しています。手術の実施上位の構成は例年と同じような結果となりました。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 57 1.72 4.07 0 67.58
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 38 2.03 4.84 5.26 70.32
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 24 0.96 2.17 4.17 66.25
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 17 3.47 9.35 5.88 79.24
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 15 0.13 13.07 0 70.6
循環器内科の上位のうち、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術いずれも、心臓カテーテル治療です。これは手術件数を合計すると循環器内科の半数以上を占め、当科は虚血性心疾患に対する治療を中心にしているといえます。
 また、それ以外では閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術や不整脈等の治療となる、ペースメーカ移植術が上位を示す結果になり、例年と大きな変化はありませんでした。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 62 1.69 5.23 0 72.85
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 26 0.54 1.31 0 54.73
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 26 0.58 4.85 0 61.08
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) 20 0.95 2.25 0 56.65
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 16 1 9.06 0 73.81
泌尿器科は膀胱腫瘍手術が1位であり、症例数と位同じ結果になりました。
 上位の手術に共通するのが経尿道的手術です。経尿道的手術は開腹手術に比べ患者さんの身体的負担(侵襲)が少ない手術です。そのため手術後の入院期間も短くなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 460 0.05 0.06 0 67.31
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 83 1.43 2.37 0 62.07
K6335 鼠径ヘルニア手術 60 1.03 2.05 3.33 69.33
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 47 1.3 5.81 0 70.21
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 44 1.09 7.43 0 72.05
外科手術数の上位を占めるのは、他の施設と同様、消化管腫瘍の内視鏡手術、胆嚢摘出術、鼠径ヘルニア、など比較的軽い手術例が多くを占めています。また、今年度の4位と5位に早期悪性腫瘍に対する粘膜下層剥離術(内視鏡治療)が入る結果となりました。
当科では、様々な外科手術に対応しており、胆石症、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵がんなどで、内視鏡手術、腹腔鏡手術、開腹手術が適宜病気の進行度に合わせて選択されております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 109 2.55 13.34 27.52 78.86
K0462 骨折観血的手術(前腕) 72 2.5 8.86 1.39 59.14
K0821 人工関節置換術(膝) 48 1.92 21.46 4.17 68.69
K0811 人工骨頭挿入術(股) 44 3.8 16 31.82 81.64
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 41 3.2 17.68 0 73.02
整形外科は『骨折観血的手術(大腿等)』、『人工骨頭挿入術(股)』と大腿骨近位骨折に付随する手術が上位を占めています。この2つの手術は平均年齢が高く、手術後の入院日数も長くなる傾向にあります。また、一定の患者さんが急性期の治療の後、近隣の病院に転院され、リハビリなどその後の治療を受ける例も多く、地域で高齢者の骨折治療を行っていると言えます。
 また、脊椎脊髄病学会専門医が赴任したことにより、脊椎疾患の手術が上位に入りました。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 38 0.11 14.08 13.16 80.21
K178-4 経皮的脳血栓回収術 26 0.15 19.85 46.15 80.54
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 24 0.25 145.42 87.5 67.29
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 14 6.79 12.21 35.71 75.14
K1781 脳血管内手術(1箇所) 10 0.5 37.3 40 65.9
脳神経外科の手術は一部を除いて入院当日、あるいは翌日に行われている例がほとんどで、当院の脳神経外科手術は、超急性期の脳疾患と言えます。
また、『経皮的脳血栓回収術』、『頭蓋内血腫除去(開頭)(脳内)』の2つは他の上位手術に比べて、急性期地治療後に他院へ転院する患者さんが多い傾向にあり、脳神経外科の手術患者さんもリハビリなどその後の治療を他院と協力して治療を行っていると言えます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 189 0 0 0 0
眼科手術は白内障に対する水晶体再建術が全てとなっています。在院日数は全患者1日で日帰りで手術が可能です。そのため、普段の生活を変えることなく治療をする事ができます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 13 0.24
異なる 26 0.49
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 328 6.15
異なる - -
『播種性血管内血液凝固、敗血症、真菌症、手術・処置などの合併症』が全退院患者に対してどの程度発生しているかを示しています。

 ①DPC6桁
  DPC14桁の上6桁です。この6桁はDPCにおける傷病名を表しています。
  なお、DPCの説明についてはDPC別症例数をご参照ください。

 ②播種性(はしゅせい)血管内血液凝固症候群
  さまざまな重症の基礎疾患のために血液凝固能が過剰に活性化され、広範な血管内での血栓
  を形成してしまう疾患で、結果として血小板などの凝固因子が枯渇し、著しい出血傾向を示す病
  態です。これにより多臓器不全や広範な出血の見られる重篤な状態です。

 ③敗血症
  感染症などにより血液中に病原体が入り込み、血中で細菌が増殖する病態で、重篤な全身症状
  を引き起こす症候群です。

 ④真菌症
  真菌による感染症で重篤な病態の結果、真菌が全身に蔓延する病態。

 ⑤手術・処置などの合併症
  手術・処置後に発生する合併症で、医療ミスとは異なり、どの様な患者さん
でも一定の割合で発生します。透析シャント閉塞、術後出血などがあげられます。
  

 ⑥入院契機傷病名
  DPCは入院中に最も医療資源を投入した傷病名によって決定されますが、
  別に今回の入院するきっかけとなった傷病名もつけられます。これを入院契
  機傷病名と言います。

 ⑦発生率
  全退院患者さんで当該病名の患者数を割って発生率を求めています。
 
播種性血管内血液凝固症候群と敗血症は重篤な病態で、その治療においては医療資源が大量に投入される傷病です。そのため、これらの病名の元に不適切に高額な医療費の請求が行われる可能性があるとも言えます。播種性血管内血液凝固の当院での発生率は0.13%となっています。敗血症の当院での発生率0.49%となっています。前年と比較して播種性血管内血液凝固症候群はほぼ同じ発生率ででした。また、敗血症前年と比べ波成立は減少いたしました。現状も、適切な医療費請求のためにもDPCコードの確認は慎重に行っておりますが、より一層、適正な請求に努めていきます。
 また、手術・術後の合併症については、例年通り透析シャントトラブルが多くを占めています。これは維持透析をしていくうえで必然的に発生してしまいます。
更新履歴
2018/09/26
公開版(第1版)