SGH Shuuwa General Hospital

医療法人 秀和会 秀和総合病院

代表 048-737-2121 予約センター 048-737-7489

トップページ > 病院案内 > 部署紹介 > 看護部 > 看護部の理念・看護方針

看護部の理念・看護方針

看護部長(代行)よりご挨拶

「この病院に来てよかった」と思っていただける看護

秀和総合病院は埼玉県春日部市にあり、二次救急指定病院として地域の急性期医療を担う350床の病院です。ガラス張りの開放的な窓からは柔らかな日差しが差し込み、周囲の自然や緑と調和した明るい院内が特徴です。
私たち看護職は、当院を訪れる患者さんやご家族の不安に真摯に耳を傾け、安全で確実な医療を提供する責務を担っています。
そのためには確実な知識や技術のもとで、心からの笑顔で接することのできる看護職を育成したいと考え、様々な取り組みを行っております。

看護部では、新人看護師には「わかば支援システム」、中途採用看護師には「かるがも支援システム」を活用し、職場へのスムーズな適応を支援するほか、キャリアラダーに沿って看護職員一人一人の個性や成長を大切にした継続教育を実施し、段階的に看護実践能力のレベルアップを図っています。
 また、自己のキャリアアップを実現するために認定看護師をはじめ、臨地実習指導者、NST等の専門領域の資格取得支援も行っております。当院では現在6名の認定看護師が看護実践のリーダー的存在として専門性を発揮し活躍しております。
 看護を通して自己成長し続けるためには、看護職員ひとりひとりがやりがい誇りを感じて働き続けられるように、ワークライフバランスの推進も大切です。
結婚や妊娠・出産、あるいは介護などが必要となっても、就業を中断することなく働き続けられるよう、24時間保育可能な院内保育所や多様な勤務形態などを整備しています。そのほか、心の相談室「かるがも相談室」も設置し、いつでも気軽に相談に対応しています。仕事と私生活共に充実した中に、心からの笑顔は生まれます。

病院には医師をはじめとして様々な専門職がチームを組んで患者さんを中心とした医療を行っております。私たち看護職はそのチームメンバーの一員として心からの笑顔をもって患者さんに寄り添いたいと思います。
そして共に学びあい、支えあうことで
「この病院に来てよかった」
「この看護師に会えてよかった」
と思っていただけるような看護部をめざし日々努力してまいります。

看護部長 二瓶 律子
認定看護管理者

看護部の理念

患者さんの立場に立って、その病態・心中を現在及び過去、将来にわたってくみとる思いやりのある看護を実践する。そして、その結果を自ら確認するよう努めます

看護方針

  1. 1. 病院方針・機能を理解し、専門職として自律的に職務に取り組み責務を果たす
  2. 2. 患者さんの人間性を尊重し、QOLの保証と自立への支援をする
  3. 3. 安全で質の高い看護サービスを効果的かつ、効率的に提供する
  4. 4. 地域・医師・他職種と協働したチーム医療を推進し、継続看護を実践する
  5. 5. 医学の進歩、医療を取り巻く社会動向に関心を持ち看護教育、研究を推進する

看護提供体制

看護提供方式:
固定チーム継続受け持ち制
看護基準体制:
一般病棟 入院基本料7:1
療養病棟 入院基本料2(医療型)
勤務体制:
2交替制・3交替制