SGH Shuuwa General Hospital

医療法人 秀和会 秀和総合病院

代表 048-737-2121 予約センター 048-737-7489

トップページ > 病院案内 > 部署紹介 > 看護部 > 職場紹介

職場紹介

外来

外来は、診療・検査ともに専門体制を整え、来院されるすべての方に明るく思いやりのある態度で対応していま す。患者さんやご家族の方、関係者の方々からのご意見を課題として受け止め、スタッフが常に成長していくこと、

そして「秀和総合病院でよかった」と思われることが目標です。
どんな小さな相談もお気軽に声をおかけください。

救急外来

当院の救急外来は、診療科全般を対象としており、「早期治療・早期対応」を基本としています。 2次救急体制をとっており、内科系・外科系とも連携を取り合い、24時間救急診療を行っています。夜間は内科医・外科医は各1名、看護師も2名当直しており、24時間診療しています。

短い時間の関わりだからこそ、患者さんご家族を、親身になって支えていくことをモットーに日々看護を行っています。


外来化学療法室

外来化学療法室では「安全に治療できるようサポートします」をスローガンに、医師、看護師、薬剤師、MSW等がチームとなり、通院による化学療法やレミケードなどの点滴治療を受ける方をはじめ、在宅で化学療法を受ける方が安心して治療に専念できるようサポートを行っています。

外来での治療時間が長い方もいらっしゃるので、リラックスしてお過ごしいただけるように私たちの笑顔はもちろん、環境作りにも心掛けています。また、副作用症状などに対する日常生活上のアドバイスや、病状や治療に関する相談についても対応しています。


一般外科・消化器外科・血管外科(3西病棟)

 3階西病棟は「他職種との連携を図り、最良の医療サービスの提供を心がけます」をスローガンに入院時から退院後の生活を見すえた看護ができるよう頑張っています。
 診療科は外科、乳腺外科、血管外科で肝臓疾患の栄養管理や周手術期看護、化学療法、緩和ケアを必要とする患者さんまで看護師の役割は多岐に渡っています。 忙しいながらもやりがいを持って頑張っています。

循環器・整形外科(3東病棟)

 3階東病棟では、「チームワークと思いやりのある看護」をスローガンに、循環器・整形外科の急性期からリハビリテーション期まで、患者、家族に寄り添った治療と看護を提供しています。特に退院支援については、MSW、リハビリ科、その他多職種合同でカンファレンスを行い、退院後の日常生活が安心してすごせるようにサポートしています。

脳外科・呼吸器内科・内分泌糖尿病科(4東病棟)

 4階東病棟は「患者に寄り添い、安心・安全なケアの提供」をスローガンにしています。脳外科の手術から血管内治療、回復期リハビリテーション、呼吸器科の化学療法、呼吸療法、内分泌・糖尿病科の糖尿病教育指導など、多方面に患者に関われる病棟で大変やりがいがあります。
 多職種と協力しながら患者の退院に向け、安全に気をつけながら日々スタッフは頑張っています。

腎臓内科・泌尿器科・眼科・皮膚科・消化器内科
(5東病棟)

 5東病棟は「医師・看護師が一体となり、患者に寄り添った医療・看護が実施できる」をスローガンに看護にあたっています。
 腎臓内科では血液・腹膜透析の導入期や維持期・保存期の看護のほか、外来患者を対象に腎臓病教室を開催しています。そのほか患者が自らチームの一員として治療選択ができるよう専門職連携で取り組んでいます。
 泌尿器科では、腎臓・尿管・膀胱・尿道に関わる疾患の患者を、急性期から慢性期、ターミナル期まで地域との連携を図りながら退院後の生活を考慮し、患者ひとりひとりに合わせた継続看護を行っています。

手術室

手術室では年間2000件前後の症例があり、一般外科、血管外科、整形外科、泌尿器科、脳外科、形成外科、眼科などの手術を行なっています。また、患者が安心して手術を受けられるよう術前術後訪問を取り入れた継続看護を提供しています。中途採用の方にも若葉支援システムを導入した指導体制を整えています。スタッフは、ママさん看護師も多いですが、職場と家庭を両立し頑張っています。

透析室

透析室は、ベッド数20床で、血液透析導入や入院中の透析患者の維持透析をおこなっています。普段とは違う施設での透析で緊張している患者さんに、安全で安楽な透析をうけていただくためには、医師・臨床工学技士・病棟看護師らとの連携・コミュニケーションがとても大切です。毎週月曜日の透析室カンファレンスで患者の情報を共有しあい、一人一人の患者にあった良質の透析を心掛けています。

地域連携室

地域連携室での看護師の役割は、他院からの紹介に関する連絡調整、入院患者の在宅療養・退院調整です。治療を継続しながら生活の場に戻っていく方々の意思決定支援をしながら、継続した医療支援が続くよう、看護の特徴を生かし、地域スタッフと協働しながら在宅療養を支援していきます。

さまざまな職種のスタッフとのかかわりは新鮮で、看護として日々学びを深めることばかりです。

健診センター

健康診断を受けていただくことで「病気の早期発見・早期治療につなげること」、「自分の健康状態や生活習慣を振り返り、病気の予防行動がとれるように支援すること」が健診センターにおける看護職の役割です。

現在、保健師2名体制でこれらの役割が果たせるようがんばっています。今後は保健指導や健診の事後フォロー等に力を入れていきたいと考えています。


透析クリニック

秀和透析クリニックは、同時透析160床の大規模透析クリニックです。 秀和総合病院の透析導入患者さんの維持透析の受け入れが中心ですが、他病院からのご紹介も受けています。また、同時透析160床は関東で1位、全国では6位の規模なので、より質の高い透析看護の実践に取り組んでいます。
看護師の離職も少なく、アットホームな雰囲気の中、患者さんとともに仲良く治療をおこなっています。